ポスターをよく見たら・・・

こんにちは。

 

昨日は本当に寒くて、午前中は1度しかないし午後から3度までしか上がりませんでした。

 

1月ですからいかにも冬って感じなんですけど、

 

新年になって5pmを過ぎても明るくなってきているので

 

日は長くなってきているみたいですね。

 

 

 

さて、先日入荷したフェリー・ポルシェ生誕100周年のポスターの中に

 

「おっ!」と思うものが有りました。

 

それが下記のポスターです。

 

 

 

フェリー・ポルシェが356を製作している工場に立って撮影しています。

 

作っている最中の356をよ〜く見てみると

 

 

  

 

1959年モデルの356Aクーペ、356Aカブリオレ、コンバーティブルDでした。

 

製作段階なので間違いなくフルオリジナルだし、ポルシェのオフィシャル写真を使用しています。

 

オリジナル部品を調べるのにとても勉強になる写真だと思います。

 

店長も1959年モデルの356Aを乗っているので興味深く写真を見ていて

 

注目したのはフロントウィンカーでした。

 

 

 

写真は上記の356Aクーペのフロントをアップしたものになります。

 

フロントウィンカーをよ〜く見てみると、

 

ウィンカーのレンズは356B〜Cと同じ形の物をを使用し、

 

レンズが取り付けられている土台は分割されていないシングル物になっています。

 

 

 

 

店長の356Aもシングルの土台が付き356B〜Cと共通のレンズが付いています。

 

土台がシングルなのは1959年モデルの特徴だと思います。

 

356Aの1958年までのモデルも356B以降のモデルも土台は2分割になっています。

 

 

 

パーツや仕様を調べる時、当時の写真はとても良い資料になりますね。

 

後日もう少し1959年モデルのフロントウィンカーについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント