ハルダ・ツイントリップを前期型に替えました。

こんにちは。

 

いや〜、今日は寒いですね。

 

今日は運転免許の更新に行ってきましたが、会場もとても寒かったです。

 

帰りの道路沿いにある温度計も11amになっていても1度でした。

 

午後から少しは気温が上がるそうですが、また3pmあたりを過ぎると寒くなるんです。

 

本当に寒いですから、風邪を引かないように気を付けましょうね。

 

 

さて、6日の午前中に356のグローブボックスに付けているハルダ・ツイントリップ(後期型)を

 

前期型に交換しようと思い作業を始めました。

 

 

 

 

ハルダ・ツイントリップの前期型はメタルボディで出来ていて

 

後期型はプラスティックボディで出来ています。

 

今までは後期型が付いていましたので取り外して前期型を取り付けようと思いました。

 

前期型は昨年の年末に入手しました。

 

取り外しも順調にできて「さあ、取り付け用」と思ったら・・・

 

 

 

ディスプレイ・プレートが外れてしまっていました。

 

やっぱりすんなり取り付けれる訳もなく、バラして直すことにしました。

 

クラシックカーのパーツを取り付けるのはすんなりいかない事が多々あります。

 

またそこが楽しい時間を過ごせる事なんですけどね。

 

 

 

 

ハルダ・ツイントリップのボディを外してプレートを取り付けます。

 

 

 

 

プレートを接着して待っている間に、ギアのレシピを356用に変更しました。

 

このハルダ・ツイントリップ、カバーを取り付けるネジが1個不足しています。

 

その内どこかで見つけたいと思います。

 

全然見つからなかったら作るしかないかな・・・

 

 

 

 

午前中で終わると思った作業は途中プレートの修理もあって

 

結局取り付け完了したのは3pmくらいでした。

 

しっかり1日356を楽しませてもらいました。

スポンサーサイト

コメント